Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

タイに海外移住をするのはありなのか?タイに海外移住をして1年5ヶ月を考えた。

      2015/07/14

7246758682 e9bbb8f005 z

2014年2月にタイに海外移住をして順調に生活が続いています。自分はフリーでも手に職を持っているような人間ではないから、タイで移住するためには労働許可書が貰える企業で働き、滞在ビザを取得しています。

生活に慣れるのに1ヶ月。仕事の試用期間が3ヶ月。仕事に慣れるのに6ヶ月。バンコクの街が分かりはじめて1年。タイ人と仕事をすることになれれるのに、、、一生理解できないかも・・。って感じで徐々に海外移住の生活にフィットしてきています。

仕事がなければタイって国はノンビリしていて、日本よりは生活費用は安いはず。タイが肌に合う人が多いと思います。仕事が絡むとけっこうウザいことは起こりますので、それに耐え切れない人も多々見てきました。仕事ありきで海外移住をすることは、けっこうパワーがいることなのかもしれません。

ただしビザがあればですが!

ビザを持っていればタイへ海外移住はあり

仕事なしでタイに長期滞在をしようとすると、特殊なビザを取得する、もしくはビザランと呼ばれるタイ国外に一旦出てビザをもらいに行く必要があります。ただ仕事なしで、タイに滞在するビザを取得するのはけっこうハードルが高いです。

■タイ長期滞在に必要なビザ
①就労ビザ・学生ビザ:働いたり、学校で語学を学ぶとかであれば1年間のビザが取れる
②観光ビザでビザラン:ガンガン厳しくなってます。抜け道もなくなってきてます
③お金の力を使う:こんなビザ?(制度)があるらしい
④リタイアビザ

なのでタイに海外移住をするのであれば、問題になるのはビザの問題。仕事はしたくないけど、タイに長期(1年以上)滞在したいと思っているのであれば、リタイア後にするか、もしくは学校に通うしかりません。

観光ビザでビザランとか、めちゃくちゃ面倒ですよっ!ビザを取得してでもタイに滞在したい理由ってなんでしょうか?もしブレているのであれば、もう一度考えてみましょう。

あなたがビザを持っているのであればタイへの長期移住はお薦めです。タイに海外移住をしたいと思っているのであれば、まずはビザ問題を真剣に考えてみましょう。

私がタイ移住がありと思う理由

タイ、とくにバンコクは人間の生活で絶対に必要な「衣・食・住」が充実しており、物価も日本と比較すると安いものが多いです。また1年間ずーーーーっと暑いというのも、私にはメリットになっています。

日本の四季は好きですが、冬の寒さには耐えれません。女性は冬の乾燥に耐えれないという話も聞きますが、タイでは1年間とおして暑いので「寒さ、乾燥」は無縁の国だと思います。まー、暑すぎるってこともありますが。

物価が安く、気候がいい、この2つが私にとってタイに移住して都合がいい部分です。さらに細かく話すと、家も日本より高級感があり安い、食事(タイ料理)もクソ安くて旨い、たまに日本食を食べたくなれば日本食レストランも充実している。そしてお金が日本にいた時よりも貯金ができます。タイバーツですが。

治安は日本より悪いかもしれません。交通も不便で危ないです。タイバーツの価値が下がったら自分の資産は減少します。多少なりとも日本にいるときよりもリスクを背負っている部分もあります。それでも1年5ヶ月タイに住んで、タイの長期滞在はありだと思っています。

何度も言いますが、ビザがあれば!

パグゆきは思った

私のようにタイでサラリーマンをやれば長期滞在はすぐにできます。フリーから大活躍して起業している人も見ています。日本人もたくさんいるので、日本で平凡に過ごしているよりはチャンスは多いはず。

勘違いしないでほしいのはタイでサラリーマンをやって長期滞在を考えるのではなく、ビザの問題を解決してからタイで長期滞在を考えて欲しいってことです。私はあくまでも長期滞在するためにタイでサラリーマンをすることを選んだだけです。残念ながらコレしか手段がなかったってことです。。。

 - タイ移住生活