横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活 仕事/学習

タイで働くのにスーツは必要なの?

更新日:

スーツ

パグゆき@pagyukiです。

タイに移住して日系企業に勤務しています。
みなさんも想像できると思うけど、タイは1年中が夏のような気候です。

日本の夏になるとクールビズといってスーツ業界も試行錯誤して、夏のサラリーマン用のスーツを作っていますが、タイでは1年中がクールビズみたいなものです。

だからと言って、日本のように夏用のスーツが販売されているわけでもありません。正直言ってタイではスーツの購入がしづらいです。

1年中暑い気候のタイで仕事をするときの服装について今日は話をしたいと思います。

スポンサーリンク

スーツは日本文化なのか?

欧米系の企業もバンコクにはオフィスがあります。外を回るような人はスーツを着用しています。彼らはもともと背が高く、スーツが似合う体つきをしているので、暑い中でしっかりとネクタイをしてスーツを着こなす姿は自然です。

ただ日本人がクソ暑いタイでネクタイをしっかりして、スーツを完璧に着こなしている姿をみるとなんだか残念な気持ちになります(笑)

それは気持ちの問題が大きく、多くの人がしょうがなしにスーツを着ているからです。もちろん私もその1人なので否定はしません。

日本のスーツはサラリーマンの制服のようになっています。それは日本の独特の文化ということでしかたないと思うけど、タイの日系企業が日本とおなじようにスーツを強制するのは、逆にタイと言う国では違和感があります。

暑い国に合わせた服装を

幸いなことに私が務めている会社は、社会人らしい服装であれば何でも良いとなっています。
でもこれが普通だと思っていて、タイ人スタッフと一緒にお客さんの前に行き、もしタイ人がビジネスカジュアルで、日本人がフル装備のスーツで行くとデコボココンビになります。

日本人だけスーツって、変なルールです。

清潔感があって、失礼ではない服装であればお客さんも問題なく受け入れてくれます。相手もフルスーツを着ていると気を使う必要がでてくるし。

ではどんなスーツを買えばいいか?

タイでスーツを買おうとすると、日本のアオキやコナカのようなショップがほとんどないので、日系のスーツショップかオーダーメイドで作ることになります。

オーダーメイドで作るのは、日本の価格に比べると非常に安いです。
ただ完成品の質に関しては保証できません!安ければ安いなりの質だし、高いからといって超高品質ってわけでもないので運がよければ良い商品にあたります。

バンコクには日系のスーツショップが数店舗あります。
日本で購入できる商品とおなじ商品が並んでいるので安心して買えます。
っていうことはです。日本で買ったやつをバンコクに持ってきたほうがいいってことです!

ひとつだけ注意事項!

ただし、ひとつだけ注意が必要だ!

タイのオフィスはエアコンをガンガン使うため寒い!シャツは長袖をおすすめします。長袖シャツを着ていても寒いと感じるくらい、タイ人の人たちはエアコンの温度を低く設定します。

パグゆきは思った

日本のスーツ文化は一生このままなのだろうか?
日本からの出張者がフルスーツでタイに来て同行営業をするときほど日本人ってルールを曲げれなんだなーと感じる。

-タイ移住生活, 仕事/学習
-,

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.