横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活 仕事/学習

タイの営業でジャケットが必要な最大の理由

更新日:

66530075 11aad9e840 z

東南アジア、タイ。1年中暑い国だけど、営業でお客さんを訪問するときにはジャケットを持っていったほうがいい。もちろん日系企業を訪問するから、日本のサラリーマンスタイルに合わせるという意味合いもあるけど、それ以外にも理由がある。

関連記事:タイで働くのにスーツは必要なの?

タイの日系企業で働いている人の多くの人が、ジャケットを着ていく本当の理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

オフィスビルは極寒

タイのビルやデパート、屋内施設はかなりエアコンが効いています。本当に寒いくらい効いています。日本のような節電という考え方はないので、

いつも寒いんです。

なので本当にジャケットが必要な理由は、寒さ対策をするための必須アイテムがジャケットとなるのです。

だいたいお客さんもジャケットを着てくるか、カーディガンやウインドブレーカーを着て打ち合わせに着てくれます。日本でウインドブレーカーを着てオフィスの寒さに我慢するなんて考えられませんでしたが、タイでは室内の寒さ対策で上着が必要になります。

タイでジャケットを手に入れる

もしあなたが出張でタイに来てジャケットを忘れてしまったのなら、タイのすぐに壊れてしまいそうなジャケットであれば、バンコク市内にどこでもあるデパートに行けばすぐに購入できます。

日本と同じ品質を求めるのであれば、バンコクの中心街にあるスーツセレクトで購入するのもありかもしれません。とうぜん輸入品になるので日本で購入するより料金が高いですが。

さいごに

タイで仕事をする上で必ずジャケットは持ってくるようにしましょう。暑いからといって油断をしていると必ず寒いオフィスで長時間耐えることになります。注意!!!

-タイ移住生活, 仕事/学習
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.