Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

東京−タイの飛行機は、どの航空会社を選ぶのがベストなのか?各航空会社を比較レポートします。

      2016/03/13

15368741627 71daeb1d50 z 1

タイに海外移住をしてから、東京−タイ間を嫌というほど往復しています。

東京−タイを移動する手段は飛行機以外はありえません。
飛行機で移動をするたびに、どの航空会社が安いか、便利か、そしてサービスがいいか確認ができるほど、東京−タイ間を様々な航空会社を利用しています。

今回は私の経験を踏まえて、どの航空会社を選ぶことがベストか比較レポートにしました。

東京−タイで運行する航空会社を比較

東京−タイ間の飛行機は、1日に20本前後の直行便が飛んでいます。

日系のANAとJAL。タイの航空会社のタイ航空、そして各LCC。あとはアメリカ系の航空会社も飛ばしています。
そしてアジア圏の経由便を入れると、さらに本数が増えるのです。

ここまで多いと本当にどの飛行機を選べばいいのか、迷いもでてきませんか。
価格だけで判断をするのであれば、日系>タイ航空>欧米系>経由便>LCCです。

でも本当に価格だけで飛行機を判断するのは正しいのでしょうか?選択に迷わないよう比較してみました。

絶対に便利な直行便

間違いなく東京−タイの直行便利用が便利です。
誰もが経由便より直行便を使いたいことでしょう。でもこの直行便は間違いなく価格は高いです。そしてその価格と飛行機の質とマッチしていません。

日系の飛行機

ANAとJAL、このどちらかが飛ばしている飛行機に乗るのであれば、間違いなく質のよいサービスで快適な旅となるでしょう。

ネックになるのは値段だけです。

正規料金では10万円をあたりまえのように超えてきます。プロモーションで7万円前後でしょう。あなたの価値観でコストパフォーマンスが変わりますが、私はANAとJALを強く進めます。

本当にサービスの質が段違いだからです。

まず飛んでいる時間帯がめちゃくちゃいいです。そして機内食が旨く、添乗員の気が利く、この2点だけですがお金を払う価値ありです。

HIS運営便

日系かもしれません。
しかしANAとJALと比較すると満足度は低いです。

LCCよりはいいかもしれませんが、HIS便を選択するのであれば、LCCを選択する、もしくはグレードをあげることをお薦めします。

タイ航空

タイの代表的な飛行機会社ですが、比較対象を日系とするとサービスの質は低いと感じます。

ANAと共同運行をしていますが、絶対にANAから運行されている飛行機を選ぶべきです。
タイ航空は乗った瞬間からサービス、質ともにタイ品質です。

価格も安いわけではないのでコストパフォーマンスが悪いです。

アメリカ系

日系にひけをとらないくらいサービスの質は良いと感じます。
しかし移動の時間をあくまでもアメリカに合わせています。

アメリカ系の飛行機は、日本でストップオーバーしてアメリカに向かう飛行機です。なので日本人が移動したいと思う時間ではなく、アメリカ人が移動したいと思う時間に合わせられて運行しています。

LCC

サービスなんか期待せず、とにかく価格を抑えて行ける、これが最大のメリットです。

しかし、価格を抑えることができるのはプロモーション予約、事前予約の場合です。
急に決まった移動ではLCCの力は発揮できません。

急に決まった移動で、直行便を選択するのであればLCC以外を選ぶことをお薦めします。

価格が安い経由便

東京−タイ間のアジア地域の経由便がたくさんあります。
・台湾
・ベトナム
・香港
・上海
・マレーシア
・シンガポールなど

本当に沢山の東京−タイの経由便が存在しています。

経由便を利用するメリットとしては価格が安いこと、タイ航空よりサービスの質が高い航空会社があること、この2つです。

デメリットはやはり乗り換えです。
乗り換えをする時間に余裕がある人、乗り換え場所で短時間でもストップオーバーをしたいと思っている人には、価格を抑えて新しい体験もできるので選択肢になることでしょう。

タイからマレーシアやシンガポールを経由すると、日本から遠くなりますよね。

なので、もし時間に余裕があり、価格を抑えたいのであれば、次の2つの航空会社がお薦めです。

ベトナム航空

ベトナム航空はサービスがいいです。
JALと共同運行しているからでしょうか。

またストップオーバーの時間も2時間ほどの飛行機もあり、ベトナムの飛行場で時間を潰す必要もありません。

少し高いかもしれませんが、ベトナム料理を飛行場で少し食べて、有意義に過ごすのはどうでしゅか。

チャイナエアライン

台湾の飛行機会社で、台北にストップオーバーします。
チャイナエアラインもストップオーバーの時間が短いので乗り換えに便利です。また

もし台湾で長時間滞在するようであれば、台北で中華料理を堪能できる、おまけ付きです。

番外編:ツアーという選択肢

ツアーで東京−タイ間を移動すると、めちゃくちゃ安いです。それも直行便を使うツアーも多数あります。

短期間で遊びに来るのであれば、ツアーがもっともコストパフォーマンスがいいと思います。

東京−タイの航空券の選び方

効率よく東京−タイの航空券を選び方を紹介します。

格安航空券検索Skyscanner | スカイスキャナーで航空券検索比較

まずは航空券検索の定番サイト「スカイスキャナー」で検索しましょう。
ここで航空券の目安を付けます。なぜなら航空券を購入するなら信頼できるサイトがいいですよね。

私は価格を調べた後、いつもエクスペディアHISを利用しています。

HISですとポンタのポイントも溜まるので、少しは節約になりますよね。ツアーを選択する場合でもHISが充実しています。

さいごに

若い年代であればあるほど、金額にこだわると思います。安ければ安いほどいい、体張れますからね。

しかし、私のように歳を取ってくると、価格も重要だけど、サービスも求める1番悩ましい顧客になるわけです。たかが7時間ほどの移動ですが、やっぱ満足した移動にしたいです。

 - タイ移住生活, 海外旅行 ,