横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

日本旅行 横浜

東急東横線「相互運転」に感じるメリット、デメリットまとめ。

更新日:

みなとみらい線

パグゆき@pagyukiです。

2013年3月16日から開始した東横線と東京メトロ副都心線(東武東上線、西武有楽町線・池袋線)の直通運転によって、少しずつですが変化が見えてきました。

東急相互運転開始!2013年3月16日”みなとみらい”が近くなる!

いいことばかりでは無いと思うけど、思い当たる点をまとめてみました。

スポンサーリンク

相互運転開始によるメリット

相互運転が開始されたことによって起こったメリットをまとめ。

車両が増えて激混みがなくなった

今までは8両編成の電車しかなかったけど、相互運転が始まってからは10両編成の車両が増えました。その結果、今までの激混み、乗車率120パーセント超えは少なくなったのではないでしょうか?

新宿までの移動が楽になった

元町・中華街駅から新宿に行く方法は今までは2パターンありました。横浜でJRに乗り換えて、湘南新宿ラインに乗って行く(品川まで行って山の手線もあり)東急で渋谷まででてJR山の手線に乗り換え新宿に向かう。

それが元町・中華街駅から新宿三丁目までつながったので一本でいけることになりました。新宿三丁目から新宿駅までは地下通路でつながっていて約8分ほどですかね。便利です!

見慣れない広告が出現

東武の乗り入れもあって電車内がすべてスカイツリーの広告になっている。埼玉の奥のほうのマンション広告を目にするようになった。
これは横浜市民にとっては知らない情報を得るチャンスとなっていて、知識を深めるメリットとしていれました。

相互運転によって感じたマイナス面

50000-tobu-railway-50000-series-emu

メリットがあれば、デメリットも生まれます。完璧、私の目線からのコメントです。

渋谷駅でのJR乗り換えが不便

東急直通運転が始まってからは東急渋谷駅はヒカリエの地下になりました。
この駅がJRの乗り換えに不便です。
駅を案内する道先案内人を数人立たせているほど複雑で迷子になるし距離もあります。

古い車両が紛れ込んでいる 電子パネルがない

今度は逆に古い車両が紛れ込んでいて、椅子は古くくたびれた感じがするものもあったり、行き先案内(電子パネル)がない車両もある。電子パネルに慣れてしまった現代人は困ったことになります。
次の駅はどこだ?!

料金がたかく感じる

違う線への直通運転だから当然だけど、他の路線に乗り継いだ瞬間に電車の料金がたかく感じてしまいます。
乗り換えで分割で支払った合計額は同じなので損してるわけではないけど、人間心理ですね(笑)

元町・中華街駅がさらに混み合っている

土曜日と日曜日の元町・中華街駅の混み具合がハンパではない!
数は少ないけどいつもすいている改札口に行列ができるほど。
これぞ鉄道会社の狙いとおりってことでしょう。

パグゆきは思った

GWはこの電車の延長のおかげで”みなとみらい”地区の観光客が増加したのでは?とニュースになってました。
横浜市は潤ってますね。

これからもしばらく時間が経過すれば、皆も新しい路線に慣れてきて、メリットが沢山みえてくるのではと思います。

-日本旅行, 横浜

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.