横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

スリランカ、雲南省、2015年に旅行した場所レポートまとめ

更新日:

rijan

2015年に旅行した場所について記事をまとめました。

どんな旅行者でも使える情報としているつもりではありますが、どちらかといえばバックパッカー目線かもしれません。

2015年に旅行したスリランカ、中国の雲南省、について交通や旨い食事など面白いトピックもあるので、これから行く予定がある人はチェックして損はないと思います。

年末年始のスリランカ

srilanka

2014年の年末から2015年の年始にかけて行ったスリランカ。

飛行機トラブルにも遭遇し、超アジアな雰囲気を満喫できた旅でした。

●関連記事:エクスペディアで航空券を買った時の「罠」。本当に困り、ムカつく出来事まとめ。
●関連記事:スリランカ情報の決定版!夫婦2人で見たスリランカまとめ。

スリランカでは旨いカレーに出会い、毎日の食事が超楽しみでした。島国だから魚系のダシが効いたカレーが本当にウマかった!

curry

●関連記事:これで”スリランカ・カレー”マスター間違いなし!スリランカで食べるカレーまとめ。
●関連記事:衝撃的なうまさっ!!スリランカの絶品「カレーパン」は絶対に食べ逃がすな!

またスリランカは小さな島だけど、訪れる場所が少し違うだけで文化がまったく違います。あなたの興味がある場所に合わせて旅行を組み立てることができるのです。

rock

●関連記事:もし女である”あなた”がスリランカに行くのであれば、絶対に気に入る街「ゴール」へ行ってみた。
●関連記事:高所恐怖症には過酷な世界遺産。スリランカの「シーギリアロック」に行ってみた。

スリランカは日本を守ってくれた歴史があります。スリランカに訪れるまで私も日本とスリランカに深い歴史があるとは知りませんでした。

butta

●関連記事:もしスリランカという国がなかったら、今の日本も無かったことを知っていますか?

4月の中国:雲南省

yunnanair

中国の南、東南アジアと隣接している雲南省は私が2年6ヶ月のバックパックをした中でも思い出深い場所でした。

機会があれば、もう一度行きたいと思っていた場所だったので、再訪問をして来ました。やっぱ何度行っても雲南省の雰囲気はいいです!

●関連記事:この記事さえ読めば雲南省は完璧だ!絶対にシャングリラまで行くべき!

そして中国といえば、なんといっても本場の中華料理です。雲南省は四川省とも近く、マーラーと呼ばれる辛い料理が多いです。これが、激ウマ!!

chinesefood

●関連記事:中国に来たら絶対に中華料理食べるだろ?本場の麻辣(マーラー)味を見逃すなっ!
●関連記事:雲南省って何が食べれるの?私が食べた雲南省の料理まとめ。

私がお薦めする雲南省の観光スポットは3つ。でも3つだと雲南省スポットの全てになってしまいます。なので厳選2つをココでは紹介します。

china

●関連記事:麗江のナイトタイム。コレこそが”千と千尋”と似ている街?
●関連記事:チベット文化をプチ体験。雲南省シャングリラで待っている絶景。

中国の旅で注意をしなければいけないのが、グーグルが使えません。国として規制を設けているので、まったくグーグル系のサイトが表示できません。なのでアンドロイド系のデバイスを普段使っているのであれば事前対策が必要です。

googlenot

●関連記事:雲南省の旅マップ。これさえみれば観光スポットは完璧だ!
●関連記事:中国ではグーグルが使えない!中国旅行で気をつけるインターネット利用。

さいごに

2016年はまだ行ったことがない場所へ行ってみたいと思っています。ただ東南・南アジアで行ったことがない場所を考えると、
ミャンマー、
バングラデシュ、
ネパール、
ブータン、
くらいしか思いつきません。

どこも行ったことがあるような雰囲気じゃないかと想像ができてしまうのです。希望としては中南米や南米とか行ってみたいですね。

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.