横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

30歳になる前にインドに行くべき”5つ”の理由

更新日:

india

バックパッカーの登竜門的な国、、それはインドとよく言われている。経済発展が進んでいるといっても広大な土地を持っているインドは人口の爆発力もあり、まだまだ供給が追いついていない国だ。社会インフラでさえ、まだまだグチャグチャという言葉が当てはまる国になっている。

こんなインドだからこそバックパッカーの登竜門と言われ続けているというのも理解ができる。実際にインドに行くとわかるけど、マジでグチャグチャですから。

インドにはできるだけ若い時に行ったほうが良いと思う。グチャグチャな世界に飛び込んで刺激を受けるという面もあるけど、その他にも細かい点を考えると、やっぱり若いうち特に30代になる前にインドには行ったほうが良いと思う。

今日はもしあなたがインドに行く機会があるのであれば、30歳になる前に行ったほうがいい理由をまとめました。(もちろん30歳以上でも機会があるのであればインドには行ったほうがいいとは思ってます。)

スポンサーリンク

インドを旅するにの異常に時間がかかる

地図を見てもわかるけどインドの国土はでかい。行きたいと思っている場所が決まっていても1拠点1拠点の移動に非常に時間がかかる。この移動時間を短縮させるには飛行機を使うしかない。飛行機を使うと街と街の移動、点と点の移動となってしまい、線にならない。要するに街の良さはわかるけど、本当のインドの姿を見るには不十分だと思う。

インドを線で結んで欲しい。街と街をバスや電車で移動して移動中に見るインドの景色も堪能することでインドの姿を見て刺激を受けて欲しい。

ひとつの街の移動に5時間から10時間のバスや電車での移動なんてことは当たり前のようにしないといけないインドの旅。まとまった時間が取れない人にしてみるとインドの旅が難しくなってしまう。特に30代になると結婚し、子供ができなんてことになると、まとまった時間を取ることが非常に難しくなるので若いうちに行けるのであれば、インドは早めにいったほうがいいだろう。

想像をしている以上にインフラが整備されてない

さっきの「インドの度に異常に時間がかかる」と関連することだけど、インドのインフラが想像を絶するほど悪い。道の整備ができていないことが当たり前、電車は時間とおりに動くことなんて奇跡ってくらいインフラがグチャグチャだ。

限られた時間、例えば1週間でインドを旅しようなんてことを考えると、まったく計画通りに旅が進まずにストレスを抱えることになるだろう。

私が経験した最大の電車の遅れは48時間だ。もし仕事の休暇を利用してインドに旅をしていて48時間電車を待つことを考えるとイラツキも頂点に達するのは間違いないっしょ。1週間の休暇の2日がインドの駅で電車待ちなんてありえないですよね?

またバスも道が悪いので5時間で着くと言われていても、その日の道路状況(場所によっては水害や落石など)によって倍の10時間かかってしまったり、トラブル満載なバスに乗ることになる。

とてもじゃないがある程度の時間に余裕が無いとインドの旅は無理だ。これもある程度まとまった時間を取りやすい若いうちにインドに行ったほうが良い理由のひとつである。

マジでカレー以外食べることができない

おまえはカレー地獄に耐えれるか?

インドはマジでカレーしかない。カレー天国?いや地獄だ!はじめてインドに来て1週間ほどであれば毎日カレーを食べるくらいであれば問題ないだろう。でも長期インドの旅をするのであればカレーを食べることが苦痛になってくる。

「俺はカレーが好きだ!」
そんな人でも毎日インドのカレーを食べていれば、カレーなんて食べたくなくるだろう。インドのカレーはマズイのだ!!もちろんお金をだしてレストランに行けばそれなりのカレーが食べれるだろう。でもカレーなのだ。

マクドナルドを発見!店のメニューを確認すると”マハラジャバーガー”がビックマックになる商品。うまそうなので食べてみるがカレー味。もうカレーから抜け出すことができない。

そんなカレー王国のインドでも中華をたまに目にする。チョウミンと呼ばれる”焼きそば”が食べることができるけど、これまたすげーマズイのだ!

30代になると1食1食に質を求めるようになってくる年代だ。30代より若い年齢のほうがマズイカレーを食べ続けることに耐えることができるのではないだろうか?

●関連記事:インドを4ヶ月旅したら、カレー漬けでカレーが嫌いになった!

ホテルで想像を絶する物を目にする

インドのホテルは選択肢が豊富だ。あなたの旅のスタイルと予算に合わせてホテルを選ぶことができる。でも長期でインドを旅するのであれば安宿に泊まろうとするのではないだろうか?

この安宿はハンパなく安い!でもハンパなく汚い!本当に安いホテルは100ルピー、200円ほどで泊まることができるけど想像を絶する汚さだ。この汚いホテルに耐えることができるのか?

もちろん500ルピー、1000円ほど払えればそれなりの安宿に泊まることができる。自分の予算と旅のスタイルに合わせて宿泊先も選択すればいいけど、とにかくコストを抑えて旅をしたいと思っているのであれば若い時にインドに行くのがいいのではないだろうか?

とにかく刺激を受けるインド

インドはグチャグチャな国だ。だからこそ日本では見ることがないもの、日本ではありえない考え方を持った人と接するなど刺激を受けることが多いのだ。30代でこれからの将来がある程度見えてきている状態でインドに行くよりは、まだまだ夢や希望を大きく持った20代でインドに行ったほうが、インドという国からもらう衝撃や刺激を吸収して未来につなげることができるのではないだろうか?

逆に変な刺激(悪いこと)だけを吸収してしまって自分を見失ってしまうこともあるかもしれない。良いほうにも、悪い方にも転がれる20代なので、刺激が多い国インドで自分の軸だけはブレないように注意は必要だ。

パグゆきは思った

私がインドに行ったのは28歳の時、4ヶ月インドを放浪した。仕事を辞めた状態で行ったので時間的な余裕があったし、影響を受ける必要ない部分は排除できる自分でもあったので、非常に良い時間を過ごせた。旅はタイミングだけど30代目前でインドに行くかどうか迷っているのであれば、間違いなく今、インドに行っておくべきである。

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.