横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

タイの「失業率は1%以下」の不思議。真実を探ってみると失業者は多い。

更新日:

4046984865 fa5192cbea z

タイの失業率は1%を切っていると以前お伝えしました。バンコクで会社登記のビジネスをしている人に言わせてみると、

「何を持って仕事してると考えているか不明」
「統計はバンコクだけなんじゃないか?」

かなり不明瞭な統計を取っているはずと疑いを持っています。現地に住んでいる私が見ても何もしていない人をよく見かけます。とくに地方へ行けば行くほど、仕事をしていないそうな人が目につきます。

参考失業率1%以下!!タイに移住した私から見たタイの就職状況。

私はタイ現地で仕事をしているなかでも、社員の男女比率の割合がおかしかったり、出身地を確認するとバンコク近郊が多かったり、本当に統計の取り方がおかしいのかもしれないと肌で感じます。

今回はタイは失業率が1%以下と言われているけど、本当のタイは失業者だらけなんではないかと思っている理由をレポートします。

バンコク近郊以外では日系企業の仕事は皆無だろう

日系企業が進出しているのはバンコクを中心として、アユタヤやラヨーンと呼ばれる周辺地域の工業団地くらいです。タイ第2の都市チェンマイに日系企業が進出すると聞くことはありません。日系企業の多くがバンコクまたはバンコク近郊の工業団地となっています。

ここでお伝えしたいのは、日系の多くの企業がタイに投資をして会社を立ち上げて雇用を生み出しますが、雇用を生み出せる場所はバンコクもしくはバンコク近郊のみとなります。

見るデータによって異なることが書いてありますが、タイに進出している日系企業は8000社あると言われています。この8000社がタイ人の雇用を生み出すと考えると、タイ人が日系企業で働ける場所がかなりあるということです。

8000社☓4人=3万2千人は最低でも雇用を生み出しています。(日系企業がタイ人を採用しなければいけない理由)大きな工場でワーカーが必要になるので3万2千人以上の雇用を生み出していることは間違いありません。それにプラスして欧米系の会社もあることを考えてみてください。

バンコクの失業率は1%以下だと思います。

タイ人がバンコクで仕事を探せば、仕事を選べるほどあるはずです。バンコクで生活をして、バンコクで仕事を探している人に取っては”失業率1%以下”が当てはまると思います。

逆にバンコク以外に住んでいるタイ人の就職状況はどうなんでしょうか?

バンコク以外の地方の就職を考える

タイ国内で外国人にとって雇用はバンコク以外の都市では、ほぼ無いと思っても良いと思います。先程も言いましたがバンコク以外に日系含む外資企業の進出がほぼないからです。

バンコク以外のタイ国内都市では、どのような産業が栄えているかというと、農業と都市によって観光業です。

バンコクには2000万人の人が住んでいると言われています。タイの人口は7000万人ほどです。バンコク以外の都市に5000万人のタイ人がいることを考え、そのうちの労働者が1000万人くらいいたとしましょう。全員が農業や観光業、個人ビジネスをしているとは思えません。

暇している人、最初から仕事なんてやる気ない人、めちゃくちゃ沢山いると思います。また地方都市には仕事をしたいと思っているけど、「仕事がない」人もたくさん存在していると思います。

農業できる土地も限られるし、人が余っていることを考えると仕事から溢れてしまっている人は必ずいますよね。この人達は失業者ではないでしょうか。でもおそらくこの失業者達が失業者統計に入っていないと思います。もし統計に入れていたら、1%以下の失業率なんてありえなくないですか。

こんな酷い家庭がタイにはあります

これはタイのニュースでよく見かける酷いニュースの例です。

地方都市に住んでいる家庭の娘がバンコクに出稼ぎに行きます。出稼ぎなので実家にお金を入金するわけです。ここまでは普通にありえる話だと思います。

しかし、娘は風俗産業で働いています。それも親からの命令で。

お金の入金がないから両親、特に父親が娘に迫るわけです。早く金を稼いで家に入れろと。お金を稼げない娘へお金を強要し、暴力をふるい警察沙汰になる。もっと酷いニュースでは殺人にまでなっています。

タイの地方のニュースでは頻繁にみられます。タイ人の考え方の馬鹿さっていうのはもちろん、国としてブラックな面を隠しています。もし世界中にこんなことが知れ渡ってしまったら、世界の国はタイの見方を変えるかもしれません。

失業率からみるタイのブラックな一面です。

さいごに

タイの知らない闇がたくさん隠れていると思います。私はひとりの外国人で、タイに住ませて貰っています。傍観者とならざるをえないけど、真実を見つめずに失業率を1%以下と安心している国だと考えると非常に将来が不安な国ですね。

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.