横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習

”ユダヤ人大富豪の教え”が私の人生のバイブルになっていた

更新日:

7178667261 048597a3c7 z

もう初めて社会人になって10年以上が経過している。10年の間にバックパッカーの旅に2年半いっていたり、仕事がなくて派遣で働いたりもしたけど、10年間の中でそれなりに社会は学んできている。

独立したり、投資家になったり、そんなビックな人にはなれていないけど、それなりにサラリーマン人生を楽しみ、人間的に成長を続けていると思っている。まー自己満足ですが。

このまえ昔読んだことがある「ユダヤ人大富豪の教え」と呼ばれるタイトルの本を久しぶりに読んでみました。もう社会人になってすぐくらいに購入した本だから10年ほど前に読んだと思います。

実はこの本が自分の人生のバイブルになっていました。今まで生活している中で、「ユダヤ人大富豪の教え」の内容を意識していた覚えはありません。もちろん良い人間になりたいと思っているので、頭に残るフレーズがあったことは間違いないと思います。でもバイブルになっているほどとは思いませんでした。

今日はなぜ「ユダヤ人大富豪の教え」が私のバイブルになっていたのかまとめてみました。

ユダヤ人大富豪の教え

本の内容の概要としては下記のような感じだ。

主人公がアメリカ留学中に、お金持ちのユダヤ人に出会い、お金持ちになるための方法を教えてもらうというストーリー

話の中では興味を膨らませるために面白い話を入れられている。

こんな内容の本なのに何が私のバイブルになっているのか?

私がいつも描いていること

私が生きていく中で、常に考えていることが次の5つです。

1.話が上手くできるようになりたい
2.人と上手く付き合い、使う
3.人の心理を考える人になる
4.常に目標と夢を持つ
5.スーパープラス思考でいる

またビジネスを考える中では次の2つを考えています。

1.営業として生きよう
2.自分年金を作る(投資家になる)

私が考えていること、ビジネスを考えること、トータルすると7つの項目を挙げさせて頂きましたが、全てが「ユダヤ人大富豪の教え」に書かれていることでした。それもさらにプラスアルファな内容(私が考えている以上のこと)もあり、いまさらながら勉強もさせてもらいました。

10年ぶりに読んだ本の考え方が、私の潜在意識の中に蓄積されていたってわけです。全てができるようになってはいないけれども、今までの人生を振り返って、私はこの本に助けてもらっていたのだと思います。

さいごに

私は普段、昔読んだ本は読みません。たまたま「ユダヤ人大富豪の教え」をもう一度読もうと思ったのもカンです。今まで初めて2回め本を読むというメリットを学んだ気がします。

-仕事/学習
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.