横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

雲南省って何が食べれるの?私が食べた雲南省の料理まとめ。

更新日:

ヨーグルトドリンク

中国の雲南省の旅で本格中華料理を堪能してきました。もちろん日本で食べることができるようなものから、日本では見たことない・食べたことがないものまでガンガントライをして来ました。雲南省でしか食べることができないものもあれあば、中国全土で広がっている料理もあって、正直なにがなんだか私も理解していません。

ただ旨いものは旨い!
それだけだっ!!!

中国の南の方に位置する雲南省や四川省では独特の辛みを使った料理が激ウマです。私は完璧にはまっていました。辛い料理以外にも中国では様々なものに挑戦することができます。さすが食の宝庫と呼ばれるだけある。まー農薬問題とか裏社会の話もありますが、、、

●関連記事:中国に来たら絶対に中華料理食べるだろ?本場の麻辣(マーラー)味を見逃すなっ!
●関連記事:これぞ本物ラーメンの作り方。麺から手作りがあたりまえっ!

今日は私が雲南省の旅の中で食べてウマかったものだけをまとめてみました。

スポンサーリンク

ガッツリ中華料理を堪能する

ししとう炒め

中国の食事スタイルとしてオカズ系の料理を頼んで、白飯は自由にお代わりできる制度があります。そのオカズの中でも写真の”ししとう炒め”がウマいです。見た目はまったく美味しそうにないですが、塩加減がちょうどよくガンガンご飯が進みます。

餃子

中国で餃子を頼むと水餃子がでてくることがほとんどです。台湾とかでもそうですね。

そして今回挑戦した”スープ餃子”。これがメチャクチャ旨い!!!スープも旨いけど、やはり餃子が旨くてガンガン箸が進みます。もう箸が止まりません!

卵チャーハン

超シンプルな”卵チャーハン”です。これがシンプルな癖にメチャクチャ旨いんです。もうスプーンが止まりません!ガンガン食べてしまいます。

米麺

シンプルな米で作られた麺料理です。中国語で”米銭”って書かれていました。けっこう中国人は朝から食べていたので、私も朝から挑戦してみました。机に置かれた瞬間はこんなに食べれないと思いましたが、さっぱりしていてコクがあるのでガンガン食べれます。完食していました。

牛肉ラーメン

台湾でよく見る”牛肉ラーメン”です。肉の大きさは台湾のほうが大きいですが、味は台湾と匹敵、好みによっては台湾より美味しいと思う人もいるはず。台湾と違うのは「麺」。中国本土の麺はかなりコシがあって、ウドンのような麺でした。台湾のはラーメンです。

小腹が空いたら軽食に挑戦

焼き餅

なんなのか未だにわかりません!でもコレ、パリパリしていて塩と味噌?が軽く効いているので旨いです。写真にもありますが”焼き餅”となっているので米系の粉で作っているんだと思います。

伯父さん

オジサンが手に持っている物が原材料です。これを釜に入れて焼きます。

焼き餅

中国だけどケバブっぽいものも売っています。中国のウイグル地方に行けばイスラム教の人達が住んでいるのでケバブもありなんでしょうねー。

ケバブ

軽食の王様と言えば”小籠包”。やっぱり中国はウマかった!中国で食べる小籠包は、どこで食べても美味かったです。台湾もそうですが、気軽に饅頭を食べる文化はいいですねー

小籠包

地域によって小籠包の作られ方も違いました。もうひとつ紹介します。

小籠包

なぜかヨーグルトが有名

ヨーグルトドリンク

なぜか雲南省の各街ではヨーグルトドリンクが販売されている。4種類ほどのヨーグルトドリンクを見つけては買って飲んでみたけど、どれもクオリティー面は変わらない。

問題の味はかなり旨いです。

ちょっと甘いものが食べたいときに、買ってヨーグルトドリンクを飲むことをお薦めします。他にもデザートっぽいものは存在していましたが、今回の旅で1番ウマいデザートでした。

パグゆきは思った

やっぱ中華料理は偉大です。それも観光客向けのレストランに行くのではなく、現地の中国人が行くレストラン・食堂で食べる中華料理が最高に旨いです!もしあなたも中国に行くのであればローカルレストランに挑戦してみて欲しいです。

日本では牛乳からヨーグルト作れる機械があるんですね。

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.