横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

お金

サラリーマンに自分年金(不労所得)があると生活が劇的に変わる!

更新日:

山下公園

自分年金を作ろうと頑張っているサラリーマンの パグゆき(@pagyuki)です。

サラリーマンは「自分年金」を作ることを考えると生活は激変するという記事はサラリーマンの方達に好評を頂きました!ありがとうございます。

前回の記事では、サラリーマンの立場の悪さの認識を深め、「自分年金(不労所得)」を得る仕組みを考えて、ある程度の経済的な自由を作っていく話をさせてもらいました。自分で年金を作ることを考えると、お金や生活に関する”考え方”や”意識”に変化が生まれてくると思います。

そうです。まずは”お金”と”生活”についての意識改革が必要なんです。

今日は意識改革をする手助けとして、もし自分年金(不労所得)が毎月の収入として入金されてきた時の生活について、「タラレバ」話で夢を語ります。自分の姿と照らし合わせてみて下さい。

スポンサーリンク

自分年金の生活

不労所得を得る方法がわかれば、あとは実行するだけです。サラリーマンの方でもし不労所得で月額で数万円収入があったら、思わぬ自分へのご褒美(ボーナス)となり、額が大きくなると生活まで不労所得でできるようになります。

もし自分に不労所得があった時の”夢”のタラレバを考えてみます。

月額1万円

まずは目指せ1万円!会社によって違うのでもっと増えるよって人もいるだろうけど、サラリーマンが毎年昇給する金額は¥5,000〜¥10,000が多いと思います。まずは自分年金を作って自分の給料を昇給させよう。

月額3万円

家族を持っている「サラリーマンのお小遣い」は平均で3万円ほど。この3万円には昼食代も含まれていることが多く、1日に¥1,000円の昼食を食べていると自由に使えるお金は、残り1万円となります。タバコを吸う人は近年のタバコの値上がりの為、この1万円をすべてタバコにつぎ込んでしまう方もいるでしょう。

もし自分年金でお小遣いが2倍(いつもの小遣い3万+自分年金3万)になったら夢が広がります。趣味にお金をかけれるようになるし、プチ贅沢をすることができるようになります。

月額5万円

「基礎年金」と同じ額になります。生活をするための資金とはまだならないけど、基礎年金と同額という言葉を聞くとリアルな生活費として自分年金も考えれるようになってきます。

サラリーマンであれば給料にプラスして5万円が毎月貰えることになります。これは大きいです。この5万円を自分のお小遣いにできるのであれば、英会話、セカンドスクール、読書などの自分投資が積極的にできます。

月額7万円

横浜や東京都内で1Kくらいの家賃が支払える金額です。自分年金もリアルな生活費として考えられる価格になります。7万円をサラリーマンの小遣いとして使えるのであれば、付き合いの飲み会でも「今日は後輩分は払うよっ!」などの強気発言も飛ばせるかもしれません。

月額10万円

ファミリータイプの家賃、家を購入している方も月額ローン返済は10万円ほどではないでしょうか。サラリーマンで10万円の小遣いがあるとリッチなサラリーマンです。

月額20万円

大卒の初任給が20万円程です。20万円を不労所得で稼げるようになったら、サラリーマンを辞めたり、リストラにあってしまっても自分も家族も路頭に迷うことはなくなります。子供がいるのであれば、まだまだ足りない金額だけどアーリーリタイアへの道も広がってきます。

月額30万円

33歳の自分の手取り給料を上回る金額です。家族も養えることはもちろん普通に生活に困らないレベルです。六本木ヒルズとか大都会のど真ん中に生活拠点を置かなければ、給料と合わせた時にはかなりの生活水準です。

月額30万以上の生活

月額30万円以上は自分の生活レベルを超える金額なので、生活で何が起こり、何が変るのか、まったくイメージがつかないので止めました(笑)おそらく月額で30万ほどを自分年金で稼げるようになったら、大きな博打に出ない限り失敗することは少ないでしょう。努力を続ければ増える一方だと思ってます。

パグゆきは思った

どうでしょうか。自分年金だけでお金があると生活が変わっていきます。まずはサラリーマンの標準水準を目指して自分年金を作ることへ「挑戦」してみてはどうでしょうか。

FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

-お金
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.